「OS X Yosemite 10.10.1」リリース!ダウンロード&インストールは15分で完了!

Osx yosemite10101 release 01

おんわんです!Appleは2014年11月18日に「OS X Yosemite 10.10.1」をリリースしております!今回のアップデートではWi-Fiの信頼性が向上したり、各種バグを修正を行ったバージョンとなっております。

スポンサーリンク

「OS X Yosemite 10.10.1」のアップデート内容

「OS X Yosemite 10.10.1」のアップデート内容は以下のとおりです。

  • Wi-Fiの信頼性が向上します。
  • Microsoft Exchange Server に接続する際の信頼性が向上します。
  • 特定のメール・サービス・プロバイダーを使用して”メール”メッセージを送信する際の信頼性が向上します。
  • “どこでも My Mac”を使用してリモートコンピュータに接続する際の信頼性が向上します。

今回のアップデートで大きいところではやっぱりWi-Fiの信頼性向上でしょうね。Wi-Fi周りで困っている方もTwitterでも見かけておりましたので、このバージョンで改善されたら
いいなぁと感じております。

さっそくインストール!ダウンロード&インストールは15分!

さっそく「Yosemite 10.10.1」をインストールしてみましたが、ダウンロードとインストールにかかった時間は15分でした。マイナーバージョンなのでファイルの容量が小さいため、時間があまりかからなかったなーという印象です。

Wi-Fiの問題を解決しているということですが、正直なところ「Yosemite 10.10」の時からWi-Fiで困ったことがなかったので、あんまり違いがわかりません(笑)もしかしたら他のYosemiteユーザーの方には恩恵が受けられるのかもしれません。

ただWi-Fiも体感なんですけど早くなった感じはします。Wi-Fiの速度というよりも動作がキビキビしたという感じがします。Wi-Fi接続する前後の処理が速くなったという感じですかね。前処理・後処理がスムーズになった感じがします。

これでWi-Fiの問題が解消されたらいいなぁと思いますね。今後もOS Xの改善に期待します!

それでは今回はこのへんで。以上、おんわん(@onwan128)でした!

via gori.me(ゴリミー)

【関連】「OS X Yosemite 10.10.1(build 14B23)」セカンドベータ版をデベロッパー向けに配布!
【関連】Mac経由でiOS端末を攻撃する「WireLurker」の当面の対策方法
【関連】12インチMacBook Airの年内発売があるかもしれないという噂

スポンサーリンク