仕事に悩んでいる人にこそ読んで欲しいマイケルジャクソンの名言

Meigen michaeljackson 01

こんにちわ!おんわん(@onwan128)です!

社会人を長くやってますと、仕事で行き詰まったりすることがよくあります。いろんな仕事や作業が慌ただしく舞い込んできて、てんてこまいになりながら仕事をやっていると、ふと自分の目標や目的を忘れがちになります。そういう時に見ていただきたいのがマイケル・ジャクソンの名言です。

マイケル・ジャクソンはご存知の通り、King of POP、世界的大スターですが、完璧主義者としても広く知られています。物事を突き詰めて考えるマイケルが発した言葉は仕事で悩んだり、苦しんだりしている方に勇気を与えてくれると感じております。

今回はマイケル・ジャクソンの名言を見ながら、仕事にどう取り組んだらいいのか、壁をどう乗り越えたらいいのかを学んでいきたいと思います。

スポンサーリンク

マイケル・ジャクソンの名言

Meigen michaeljackson 02

仕事に入ると、僕は大変な自信家になります。計画に取り組む時には、それを100%信じています。文字どおり魂をそこに注ぎこむのです。そのためになら死んでもかまいません。

正直ここまでの覚悟を持って仕事に取り組む人って少数派なのではないかと思います。自分がやりたいことをはっきり持っていないと、ここまで魂を注ぎ込むということはできないのかもしれません。

死んでもかまわないぐらい仕事に取り組めるのですから、これはもうミュージシャンというより芸術家と表現したほうが適切かと感じますね。自分がやりたいことと世の中が求めていることがマッチさせていくと仕事でも非常に高い成果をあげることができるんだなと感じます。

みんな自分の能力を疑いすぎるのです。自分で自分を疑っていては、最善を尽くすことなんてできないんです。自分が信じなかったとしたら、誰が信じてくれるのでしょう?

自分を信じ、自分を愛す。そして自分を信じ愛していくための仕組みというのはどうしても必要なのではないかとも感じます。単純に自分を信じたり愛したりすることはできますが、仕事を通じて長期間自分に自信を持ち続けるためにはなにかしらの仕組みが必要のように感じます。

今の時代では古臭い方法なのかもしれませんが、紙に自分の目的や目標を書いて貼って確認するというのは自分に自信を取り戻したり、原点を思い出したり、失いがちな自分を取り戻したりするために必要な方法なのかなぁと考えたりしました。

世界で最高の教育は、名人が仕事をしているところを見ることだ。

これ。結局これ。現代はマニュアルやチェックリストなど、言葉にできる形式知を伝える方法はいろいろあります。ビジネス書などもたくさん書店に出回ったり、電子書籍で読むことができます。

しかし言葉にできない感覚的なもの、いわゆる暗黙知を学ぶ方法というのは名人のやってることを真似て、見て、やってみて、覚えていくしか方法がないのではないかということだと感じました。

ポイントは高い成果を上げている名人に学ぶということでしょうね。そういう機会ってあまりないので、高いパフォーマンスを上げている人との出会いも重要になるんだなと痛感しました。

僕は願いを、そして願いを現実のものにしていく人間の能力を信じています。本当に信じているのです。その願いは、ただの夢ではなく、目標に姿を変えます。自分の意識や無意識の力で、それを現実のものにすることができるのです。

理想から現実へ落とし込むことの重要性が説かれていると感じました。

「夢を持つべきだ!」という人と「夢を持たない方がいい!」という人がいて、それぞれが両極端のことを言っていることを目にすることがたまにあります。

要するにこれは夢を夢で終わらせないで、現実の目標に落としこんで達成していくことが大切だと私は感じるのです。夢想だけに終わらせず、目標を達成するにはどうしたらいいかと考え実行していくことが大切なんだなと。

そして理想から現実へ落としこんで実行していく人が少数派なんだなということも、少しずつわかってきました。

あなたがもっと世界をすばらしいものにしたいと考えているなら、自分から変えていくべきなのです。鏡の中の自分を見るのです。外を見ていては駄目です。

変えるべきは自分自身。これ、なかなかできないことなんですけど、自分自身を変えていくことが出来る人がビジネスの世界でも生き残っていくんだろうなと常々感じております。

私も世の中に不平不満を持つことはよくあります。しかし結局のところ世間を嘆いてみたところで自分自身を変えていかないと成長しないし、仕事ができない人で終わる可能性が高いんだろうなと。

自分自身を変えていくこと、これすなわち成長ですね。成長するために自分自身を変えていくのが大事なんだということを学ぶことができるのではないかと感じます。

まとめ

Meigen michaeljackson 03

今回はマイケル・ジャクソンの名言を見てきました。

仕事で行き詰まったり、苦しんだりしていると本当に嫌な気持ちになります。しかし苦しい時こそ一歩前へ出ていくことができる人が目標を達成して行くのではないかと感じます。

失敗もたくさんしながら、徐々に自分を成長させて目標を達成できる人になりたいもんだと感じました。マイケル・ジャクソンの言葉を見て、自分を奮い立たせていただきたいと感じます。

それでは今回はこのへんで。以上、おんわん(@onwan128)でした!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。