iPhoneアプリが待機中から動かなくて困った場合に行う6つの対処方法

Iphoneapp waiting cope 01

おんわんです!

iPhoneでアプリを起動して使っていると、たまに「待機中」の状態から動かなくなってしまうことがあります。急いでiPhoneを使いたいときに限って、待機中から動かなくなってしまって困ってしまうことがありますね。

iPhoneのアプリが待機中の状態から動かなくなった時、対処方法がいくつかありますのでご紹介します。操作自体はそれほど難しいものではないので、「iPhoneの動きがおかしいなー」と感じた時にやってもらいたいです!

スポンサーリンク

App Storeから再ダウンロードする

  • 「待機中」になっているアプリアイコンを1回タップすると、アイコン表示が「一時停止」に変わります。
  • 「App Store」を開き、待機中アプリのアップデート画面を表示します。
  • 待機中アプリが「雲」ボタンになっている場合はタップして再ダウンロードしてアプリを復活させます。
  • Iphoneapp waiting cope 02

Wi-Fiをオフにする。再度オンにしてみる

  • iPhoneのホーム画面を上スワイプして、コントロールセンターを表示します。
  • コントロールセンターの「Wi-Fi」をオン・オフを交互にしてみます。
  • Iphoneapp waiting cope 03

機内モードをオフ・オンにしてみる

  • iPhoneのホーム画面を上スワイプして、コントロールセンターを表示します。
  • コントロールセンターの「機内モード」をオン・オフを交互にしてみます。
  • Iphoneapp waiting cope 04

マルチタスクで起動中のアプリを終了する

  • ホームボタンを2回押して、マルチタスクで起動しているアプリをすべて終了してみます。
  • Iphoneapp waiting cope 05

iPhoneを再起動してみる

  • iPhoneの上部にある「スリープ/スリープ解除」ボタンをiPhoneの画面に「スライドで電源オフ」が表示されるまで押し続けます。
  • iPhone画面のスライダをスワイプしてiPhoneの電源を完全に切ります。
  • iPhoneの電源がオフになったら、画面にAppleマークが表示されるまで「スリープ/スリープ解除」ボタンを押し続けます。

iPhoneをリセットしてみる

  • iPhoneの上部にある「スリープ/スリープ解除」ボタンと「ホームボタン」をAppleマークが表示されるまで10秒以上押し続けます。
  • Appleのリンゴマークが表示されたら、ボタンから手を話します。後は自動的に起動しますので、画面の指示にしたがいます。

まとめ

iPhoneのアプリが待機中の時はいろいろな対処法があります。上の方法で治ることがほとんどです。

もし上記の方法を試して治らない場合は、iPhoneバックアップからの復元などをやらないとだめかもしれません。下記リンクでそういう場合の方法を紹介してますので、ごらんください!

【関連】iPhoneで圏外や検索中と表示される時に試してみる8つの方法

それでは今回はこのへんで。以上、おんわん(@onwan128)でした!

スポンサーリンク