知らないのはもったいない!iPhoneアプリ「Picport」の便利な4つの設定方法

Iphoneapp picport 4settings 01

おんわんです!iPhoneの写真送信アプリ「Picport」を愛用しております。カンタンに写真をSNSやDropboxに送信できて本当に便利だなと感じるわけです。

PictShareの時から使っていたので、もう3年ぐらいになりますかねー。いい感じです。ホーム画面においてEvenroteやDropboxに毎日ライフログ画像やブログ画像を送信しております。

そんなPicportなんですけど、写真を送信する際に細かな設定ができるように配慮されております。今回は知っていればとても便利なPicportの4つの設定方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ファイル名に撮影日時を使う。

まず最初にファイル名に撮影日時を使うことができる設定です。

ライフログの写真をEvenroteに送信するときに撮影日時がファイル名になっていたほうが何かと都合がいいんですね。ファイル名が撮影日時だとそのままライフログとして使うことができますので便利なんですよ。それでは手順を紹介します。

  • 設定方法はメイン画面で右上の「歯車マーク」をタップします。
  • 設定画面で「ファイル名に撮影日時を使う」をオンにします。これで設定完了。
  • Iphoneapp picport 4settings 02

サムネイルに送信済みマークを表示

次に写真を送信した後、サムネイルに「送信済み」マークを表示することができる設定です。「送信済み」マーク設定を行うと、写真送信後に「送信済みマーク」がつきます。

これで写真を送信したかどうかひと目で判別できるので、これも便利です。しかもアカウントごとに違うアイコンでサムネイルにマークがつくので、「これはEvernoteに送った」「あれはFacebookに送信済みだ」とわかりやすいんですよねー。

それでは手順を紹介します。

  • 設定方法はメイン画面で右上の「歯車マーク」をタップします。
  • 設定画面で「サムネイルに送信済みマークを表示」をオンにします。これでOK。
  • Iphoneapp picport 4settings 03

送信した写真を「送信済み」アルバムに追加する

3番めは送信した写真を「送信済み」アルバムに追加する設定です。この設定を行うと写真を送信した後に、iPhone写真アプリに「送信済みアルバム」ができて、送信済み写真をアルバムに一括にまとめてくれるという設定です。

これもまた便利です。どれが送信した写真なのかをアルバムで区別できるので重宝しております。それでは手順を紹介します。

  • 設定方法はメイン画面で右上の「歯車マーク」をタップします。
  • 設定画面で「送信した写真を「送信済み」アルバムに追加する」をオンにします。これでok。
  • Iphoneapp picport 4settings 04

TextExpanderを使うことができる

PicportではiPhoneアプリ「TextExpander」を使うことができます。これはSNSなどに写真を送信する際、コメントを残すときに定型文を追加できて便利な設定です。

  • 設定方法はメイン画面で右上の「歯車マーク」をタップします。
  • 設定画面で「TextExpanderを使う」をオンにします。その後にすぐ下の「スニペットを更新」をタップすると、TextExpanderのスニペットをPicportに取り込んだら設定完了です!
  • Iphoneapp picport 4settings 05

あとがき

今回はiPhone写真送信アプリ「Picport」の便利な4つの設定方法の紹介でした。

Picportは使用するアカウントごとに細かく設定ができるのでとても便利なアプリです。本当に毎日愛用しているアプリなので助かります。なくなったらショックです(笑)

唯一不満な点は、Evernoteに画像を送信するとリサイズか縮小が効きすぎて画質がPictShareの時より落ちてしまうという点ぐらいですかね。あとは私の場合は全然問題無いですね。

これからものんびり改善していただけることを希望しております!

それでは今回はこのへんで。以上、おんわん(@onwan128)でした!

Picport App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
記事公開時価格: ¥300
アプリダウンロードする

スポンサーリンク