iPhoneのSafariに履歴を残さないプライベートブラウズ機能の使い方

Iphone safari private01

こんにちわ!おんわん(@onwan128)です!

iPhoneのブラウザでWebサイトを見ていると、なんらかの理由でSafariの履歴に残したくない時があります。理由はさまざまだと思います。いろいろあるんですよ人間やってると(笑)

ブラウザに履歴を残したくないなーと思った時には、Safariの「プライベートブラウズ」機能を使えば簡単なのです。プライベートブラウズ機能を使っている時はiPhoneのSafariに履歴データを残すことなく、Webサイトを閲覧することができるので大変便利です。

今回はiPhone版Safariのプライベートブラウズ機能の使い方について紹介したいと思います!

スポンサーリンク

プライベートブラウズ機能の使い方

  1. Safariを起動します。
  2. Safariの画面の右下のタブボタンをタップします。
  3. Iphone safari private02

  4. 左下の「プライベート」ボタンをタップします。
  5. Iphone safari private03

  6. 現在のタブを残すかどうか選択する画面になりますので、「すべて閉じる」か「すべて残す」のどちらかを選択します。
  7. Iphone safari private04

  8. Safariの画面の上下が黒くなったら、プライベートブラウズ機能がONになっている状態です。
  9. Iphone safari private05

プライベートブラウズ機能を通常の状態に戻す方法

  1. Safariを起動します。
  2. Safariの画面の右下のタブボタンをタップします。
  3. Iphone safari private06

  4. 左下の「プライベート」ボタンをタップします。
  5. Iphone safari private07

  6. 現在のタブを残すかどうか選択する画面になりますので、「すべて閉じる」か「すべて残す」のどちらかを選択します。
  7. Iphone safari private08

  8. Safariの画面の上下が白くなると、通常モードに戻っているということです。
  9. Iphone safari private09

まとめ

今回はiPhone版Safariのプライベートブラウズ機能の使い方についての紹介でした。

なお、プライベートブラウズ機能には開いているタブを削除することもできます。タブを開きすぎてSafariの調子が悪くなったら、プライベートブラウズに切り替えるときにタブを全て消してしまったら便利だと思います。

意外にタブを開きっぱなしにしすぎて、Safariの動作が重いなーと感じるときが以前ありました。これも試していただきたい機能ですね。

iPhoneのSafariのプライベートブラウズ機能を使って、あんまり人に知られたくないWebサイトなどを閲覧するときには大変便利なのではないかと感じます。ぜひおためしください!

以上、おんわん(@onwan128)でした!

スポンサーリンク